八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

在庫あり

新天理図書館善本叢書8 三宝類字集 高山寺本〔第2期1回配本〕 (しんてんりとしょかんぜんぽんそうしょ さんぽうるいじしょう)

【重要文化財】三宝類字集高山寺本 鎌倉初期(十二・十三世紀)写 一冊

天理大学附属天理図書館編

本体30,000円+税

初版発行:2016年4月24日 A4判・上製・貼函入・226頁 ISBN 978-4-8406-9558-9 C3381


【高精細カラー版】
古典籍の宝庫から厳選した貴重書を、新編成・新解題により影印刊行!
大型判・原寸で可読性が格段に向上!

【内容説明】仏・法・僧の三部に大別された類別漢和字書

『類聚名義抄』諸本のうちの一異本で、江戸時代末期の国学者伴信友により、高山寺本『類聚名義抄』として初めて世に紹介されたもの。撰者は未詳。 所収本は信友謄写本の原本で、高山寺に伝来。書写の年代は鎌倉初期まで遡り、名義抄諸本との比較では、独自の改変が加えられていることが注目される。現存は仏・法・僧三巻中の仏巻四十部首のうち二十部首、「法仏人篇第一、報仏女篇第二」を存し、「応仏肉篇第三、化仏木篇第四」を欠く。他に類本は知られていない。序跋その他識語に類するものを一切欠くため、筆者・指声者は明らかでない。原則として一字に反切による字音、片仮名の和訓、正俗の字体を示すが、さらに朱筆を以て字音・和訓の肩に斜線を引き、また声点を左傍に付すことが多い。カラー版によってこれらが明瞭に確認できる。

〔解題〕山本秀人(高知大学教授)

関連する商品

購入する


お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。