八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

尊経閣善本影印集成26 日本書紀〔第四輯 古代史籍〕
在庫あり

尊経閣善本影印集成26 日本書紀〔第四輯 古代史籍〕 (そんけいかくぜんぽんえいいんしゅうせいにほんしょき)

前田育徳会尊経閣文庫編/〔解説〕石上英一〔訓点解説〕月本雅幸

本体20,000円+税

初版発行:2002年4月30日 B5判・上製・貼函入・266頁 ISBN 4-8406-2326-0 C3321


最高峰の古典文庫から至宝の蔵書を精選!

【内容説明】日本書紀 四巻〔巻十一・十四・十七・二十〕 平安後期写(国宝)
第2回配本26
 養老四年(720)に撰上された、神代より持統天皇代に至る史書。三○巻に系図一巻が附されたが、系図は現存しない。古写本は、卜部家本系諸本と古本系統諸本の二群に分かれる。卜部家本は、諸本により三○巻が揃うが、鎌倉時代以降のものである。一方、卜部家本とは異なる伝来の、平安初の巻一(佐佐木信綱本・猪熊本・四天王寺本)・巻十(田中本)、寛平延喜頃の岩崎本(巻二十二・二十四)、院政期の書陵部本(巻十、巻十二~十七、巻二十一~二十四。別に南北朝の巻二)と北野本第一類(巻二十二~二十七)などの古本系諸本は、全三○巻を同一本で揃えることはあたはないが、卜部家本と異なる本文を保持することがあり、また古訓点を有するものがあり、それぞれ貴重である。
古本系の尊経閣本は平安後期の写本で、豊富な古訓点を有し訓読史料として重要である。巻十一・十七が藤原能信、巻十四が同頼宗、巻二十が同教通(996~1075)と道長の男達の手跡と伝えられる巻子本で、巻二十巻末紙背には「大二条殿御本」と教通所持本との注記がある。これらは九条家に伝えられ、のち三条西家の所蔵となった。

関連する商品

購入する


お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。