八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

史料纂集古記録編 第202回配本 護国寺日記5(全5冊予定)
未刊

史料纂集古記録編 第202回配本 護国寺日記5(全5冊予定) (しりょうさんしゅうこきろくへん202 ごこくじにっき5)

坂本正仁校訂

キーワード:
桂昌院 / 柳沢吉保 / 隆光僧正日記 / 護国寺 / 神田橋護持院日記 / 徳川綱吉 / 楽只堂年録

本体予価15,000円+税

初版発行:2019年7月25日 A5判・上製・函入・370頁 ISBN 978-4-8406-5202-5



護国寺の役者が日々記した公用日記を初翻刻。徳川将軍家の祈願・祈祷を勤めた護国寺の真の姿を探る。

【内容説明】本書の刊行に当たっては、元禄~宝永の本寺院が最も活発な活動をみせた徳川綱吉の時代に限って刊行。今回で、完結。
元禄から宝永にかけて、日本列島は大きな地殻変動の時代を迎える。元禄16年11月23日、現在の千葉県の野島崎沖を震源とする大地震が発生し、武蔵・相模を中心に甚大な被害が起きた。これにより、年号も宝永と改元される。
宝永4年10月4日、東海道沖から南海道沖を震源とする巨大地震が発生。江戸でも同日午後に大きく揺れ、以後断続的に地震が起きた。現在の研究では、南海トラフのほぼ全域にわたってプレート間の断層が破壊されたもので、我が国の記録に残る歴史上最大級の地震とされている。護国寺は、発生直後より「地震止除の御??」が何度も執行されている。その後も地震は続き、この大地震の49日後、11月23日に富士山が噴火。江戸では、砂が降り注ぎ地震が続いた様子が記録されている。「富士の半腹より焼出」とある「宝永の大噴火」が公儀への注進状を引用して生々しく書かれている。
宝永5年の冬、麻疹が流行し、将軍綱吉は12月24日に「麻疹退散の??」を護国寺に命じている。しかし、綱吉は年末に麻疹に罹り、翌年正月10日死去。こうして、護国寺は、開基の桂昌院に続いて、大旦那綱吉も失なうことになった。

【著者情報】※researchmapなどへの外部リンクです

坂本正仁


関連する商品

購入する

お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。