八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

明月記研究 第12号 記録と文学
在庫あり

明月記研究 第12号 記録と文学 (めいげつきけんきゅう12)

明月記研究会編

本体4,000円+税

初版発行:2010年1月25日 B5判・並製・212頁 ISBN 978-4-8406-2812-9 C3321


【内容説明】五味文彦氏を中心とする明月記研究会編による研究雑誌(年一回発行)。毎号、本文研究を中心に多彩な論考を掲載し、記録と文学に及ぶ歴史学と文学の交流の場を目指す。『明月記』のみならず、中世史料の翻刻・書誌学的研究・注釈等、充実した内容をもつ。

【目次】『明月記』(天福元年六月)を読む
  明月記研究会編


[本文研究]
東京国立博物館所蔵『明月記』天福元年六月記について
  尾上 陽介

早稲田大学図書館の新収『明月記』断簡について
  兼築 信行

特集[新勅撰和歌集]

『新勅撰集』の撰歌基盤 ―『順徳院御百首』の歌評をめぐって―
  大取 一馬

『新勅撰集』の秋巻月歌の《語り手的主体》《作中人物的主体》歌群
  ―その美的空間と源氏物語的叙述空間―
  福留 温子

後堀河院の文事と芸能
  ―和歌・蹴鞠・絵画―
  田渕句美子

寛喜元年『?子入内屏風和歌』の祝賀性
  ―徳政と家の時代―
  谷 知子


[記録と文学]

道家の徳政と泰時の徳政
  五味 文彦

定家と静快
  ─静快は俊成男か─
  家永 香織

『後鳥羽院御集』(第二類本)拾遺部分の熊野御幸関係歌群をめぐって
  兼築 信行

三井寺周辺の和歌活動
  ―『新三井和歌集』の成立と性格より―
  丸山 陽子

東京国立博物館所蔵『定家筆道』の紹介
  宮﨑 肇

『明月記』研究文献リスト(11)
  大野 順子

関連する商品

購入する


お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。