八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

明月記研究 第5号 記録と文学
在庫あり

明月記研究 第5号 記録と文学 (めいげつきけんきゅう5)

発行:続群書類従完成会

明月記研究会編

続群書類従完成会発行

本体3,000円+税

初版発行:2000年11月 B5判・並製・210頁 ISBN 4-7971-7105-7 C3321


【内容説明】五味文彦氏を中心とする明月記研究会編による研究雑誌(年一回発行)。毎号、本文研究を中心に多彩な論考を掲載し、記録と文学に及ぶ歴史学と文学の交流の場を目指す。『明月記』のみならず、中世史料の翻刻・書誌学的研究・注釈等、充実した内容をもつ。

【目次】第五号目次
『明月記』(治承四五年)を読む……明月記研究会編

〔本文研究〕
『明月記』原本の構成と藤原定家の日記筆録意識……尾上 陽介
国立国会図書館所蔵『明月記』……五月女肇志
『明月記』断簡紹介……田中 成行

〔明月記と定家〕
「征戎」と「征戍」……櫻井 陽子
『明月記』の表現……藤川 功和
藤原教家と『月講式』……今村みゑ子
〔明月記の周辺〕
『警固中節会部類記』研究 附、翻刻……小川 剛生
春日大社若宮新発見の毛抜型太刀をめぐって……近藤 好和

〔特集・『吾妻鏡』を考える〕
縁に見る朝幕関係……五味 文彦
内閣文庫所蔵『吾妻鏡』(北条本)の再検討……井上 聡・高橋秀樹
室町時代における『吾妻鏡』……前川祐一郎
『明月記』研究文献リスト(5)……五月女肇志

関連する商品

購入する


お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。