八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

史料纂集古記録編 第102回配本 政覚大僧正記2
在庫あり

史料纂集古記録編 第102回配本 政覚大僧正記2 (しりょうさんしゅうこきろくへん102 せいがくだいそうじょうき2)

発行:続群書類従完成会

小泉宜右校訂

続群書類従完成会発行

本体10,000円+税

初版発行:1995年 A5判・上製・函入・328頁 ISBN 4-7971-1282-4 C3321


【内容説明】『史料纂集』は、史学・文学をはじめ、日本文化研究上必須のものでありながら、今日まで未刊に終っていた史料を中核とし、さらに既刊のものでも、現段階において全面的に改訂を要することの明らかなそれを加えて、学界最高の水準で公刊するもの、『大日本古記録』と相並び相補う形で、各時代未刊重要史料の集成の実現をはかるものであります。

関白二条持通の子で奈良興福寺別当となった大乗院政覚大僧正(一四五三-一四九四)の日記。文明十五年(一四八三)から明応三年(一四九四)に至る別当在任中の「寺務方記」と題す日記を主とし、引付・雑記類を含む全三十二巻を収録する。『経覚私要鈔』『三箇院家抄』と併せみることにより大和を中心とする応仁の乱前後の畿内の情勢、寺内の寺務・寺領支配等を知る上で重要な史料。

〔収録範囲〕
1487〔文明19〕~1489〔延徳元〕
○大和山内に筒井方と越智方対陣せるにより壇具整わず
○北畠政郷奈良に抵る
○金春金剛両座芸能十六番を演ず
○観世宝生両座芸能十三番を演ず
○尋尊政覚を伴い摂津有馬に湯治せんとす
○須磨浦一の谷等を巡歴
○宇治に螢を見物す
○奈良中疾病流行の為臨時心経会始行
○足利義尚長谷寺縁起を徴す
○二条持通近江鉤陣に赴き足利義尚に参賀せんとし政覚に同道を勧む
○宗祇奈良に下向す
○政覚杉本坊に美童あるを聞き酒食を贈る
○杉本坊の児に和歌を贈る
○義政側室大館長子伊勢参宮の後長谷寺を経て奈良に到る
○幕府興福寺諸院坊の庭検分の為河原者を下す
○京山城の牛多く死す
○足利義尚名を義熙と改む
○諸衆近江鉤陣に参賀す
○幕府東山山荘庭樹京上人夫を大和衆徒国民等に賦果す
○日野富子岩倉山荘より京に還り鉤陣に赴く
○東山山荘庭木徴集につき六方衆決議
○足利義熙死去
○尋尊泥酔
○細川政元悪党を誅するにより京都静謐す
○中院辺に追剥

購入する


お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。