八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

史料纂集古記録編 第26回配本 十輪院内府記
在庫あり

史料纂集古記録編 第26回配本 十輪院内府記 (しりょうさんしゅうこきろくへん26 じゅうりんいんないふき)

発行:続群書類従完成会

奥野高廣・片山勝校訂

続群書類従完成会発行

本体8,000円+税

初版発行:1972年 A5判・上製・函入・314頁 ISBN 4-7971-0306-X C3321



【内容説明】『史料纂集』は、史学・文学をはじめ、日本文化研究上必須のものでありながら、今日まで未刊に終っていた史料を中核とし、さらに既刊のものでも、現段階において全面的に改訂を要することの明らかなそれを加えて、学界最高の水準で公刊するもの、『大日本古記録』と相並び相補う形で、各時代未刊重要史料の集成の実現をはかるものであります。

内大臣中院通秀(一四二八-一四九三)の日記。文明九年(一四七七)から長享二年(一四八八)までのうち、文明十年を欠く十一年間の日記で、足利義政・義尚時代の宮廷・幕府のほか世情の動向や、定家自筆の伊勢物語を校合するなど、学芸史料も多く、『親長卿記』『実隆公記』等とともに主要な記録である。また、通秀を媒介として『園太暦』が今に伝えられたことは夙に著名である。

〔収録範囲〕
1477〔文明9〕~1488〔長享2〕
○本願寺へ綸旨
○加賀一揆
○日野富子廃立を行わんとするの風説
○皇居の度々の焼亡を宸憂
○四辻季経について和歌についての意見を加う
○足利義政得度の風聞
○人故実を知らず世有職無き時分
○土一揆蜂起
○久我通博江次第を献ず
○畠山政長同義就らを撃たんと河内に進発
○三条実量は有職抜群の臣
○伏見にて往生講あり
○一条兼良薨去(日本無双の才人)
○王威の軽き事塵介の如し
○義政の東山山荘普請
○洞院公賢五代の末孫公数園太暦を通秀に譲与(千余疋の約諾)
○横川景三の集を校す
○冷泉為広と詠歌を談合
○園太暦目録を採ること日課
○二条持通在京し難く南都へ下向
○鷹司政平家領飛行す
○連歌師宗祇来訪
○白昼土一揆徘徊し土蔵質物を出す
○権官に権の字書かざるは不審
○通世太平記の書与を命ぜらる
○義尚より所持の記録を徴さる
○義尚近江に出陣
○家記悉く紛失
○甘露寺親長と園太暦の事問答
○中院家領上野国衙
○近江鈎の陣に義尚を訪う


購入する


お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。