八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

品切・重版未定

近衛信尹―公家の政治と芸術(Japonica Neerlandica9) (このえのぶただ くげのせいじとげいじゅつ)

発行:Hotei Publishing

原題:Dismissed as elegant fossils Konoe Nobutada and the role of aristocrats in Early Modern Japan

Lee Bruschke-Johnson

【発行】Hotei Publishing

本体12,000円+税

初版発行:2004年12月 240×160mm、布装上製・230頁 ISBN 90-74822-52-5


【内容説明】近衛信尹(1565-1614)は近衛家17代当主であり、高名な書家であった。信尹の芸術や文化への貢献は、他の公家たちのそれと同じように見落とされがちである。それは公家たちがひどく時代遅れだったり、困窮していたり、無能だったりするのではないかと誤解され議論の対象外とされてきた為である。

本書では信尹の書画、徳川家康との不穏な関係、子女の政略結婚を研究し、公家たちが政治・芸術の主導権争いの主人公であったことを再検討する。本文英文。

【目次】Introduction/Nobutada's heritage: Aristocrats and art 1400-1600/Biography/Politics and art in Kyoto, 1600-1615/Nobutada's calligraphy style/Classical poetry resonates in the works of Nobutada and Koestu/Moving beyond the traditional/Ink paintings/Postscript: Art and politics in Kyoto, 1615-1700/Conclusion/Appendices: List of Konoe family members/Chronology/Translations of documents/Letters of interest/Poetry usage in screens, handscrolls and shikishi sets/Other poetry screens/List of Tenjin works/Catarogue raisonne/Nobutada and calligraphy on screens: further information/After Nobutada, some notes on themesBibliography/Nederlandse Samenvatting/Curriculum Vitae/List of Plates/Index

お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。