八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

オンデマンド

史料纂集古記録編 第59回配本 舜旧記4〔オンデマンド版〕
在庫あり

史料纂集古記録編 第59回配本 舜旧記4〔オンデマンド版〕 (しりょうさんしゅうこきろくへん59 しゅんきゅうき4)

1979年発行

鎌田純一校訂

本体8,000 円+税

初版発行:2014年1月30日 A5判・並製・カバー装・238頁 ISBN 978-4-8406-3333-8 C3321


長らく品切れの書籍を復刊!

【内容説明】『史料纂集』は、史学・文学をはじめ、日本文化研究上必須のものでありながら、今日まで未刊に終っていた史料を中核とし、さらに既刊のものでも、現段階において全面的に改訂を要することの明らかなそれを加えて、学界最高の水準で公刊するもの、『大日本古記録』と相並び相補う形で、各時代未刊重要史料の集成の実現をはかるものであります。

吉田兼右の子、兼見の弟、神道家梵舜(一五五三-一六三二)の三十歳より没年までの日記。京都吉田山下の神竜院の住職で、兄兼見とともに豊国社の創立に功労があり、のちに家康に神道伝授を約束した事もあった。元和二年(一六一六)家康を久能山に葬った際、天海と争った事は有名である。朝廷にも関係があり、当時の中央における諸般の情勢をみる上で最も貴重な資料の一つである。

〔収録範囲〕
1613〔慶長18〕~1616〔元和2〕
○家康のため続日本紀書写
○大坂城二の丸焼失見舞に下向
○神道書を家康に進上
○大久保長安死去
○崇伝に服忌令中臣祓を贈る
○駿河浅間社家新宮左近神道裁許のため上洛
○秀頼母の病気平癒祈願を豊国社に命ず
○中井正清内裏上棟作法を尋ぬ
○法然影像京都に着く
○後陽成上皇宗源行法伝受を仰せらる
○上皇に神道大護摩伝授
○大久保忠隣改易に処さる
○天海上洛
○幕府医官吉田浄慶死去
○方広寺大仏鐘銘につき家康不服を申す
○且元弁疏のため駿府へ下向
○且元貞隆大坂退去
○伊勢踊り京に流行
○家康大坂へ出陣(旗雲出現)
○家康を陣中見舞のため大坂へ下向
○四条河原操興行
○天下不穏につき貴重物疎開
○秀頼母子以下大坂城に自害(打死衆二万計)
○家康二条城へ凱旋
○秀頼遺児国松を捕え六条河原にて生害
○千姫京都見物
○且元死去
○幕府古田重然父子を成敗
○二条城にて天台論義秀忠聴聞
○豊国社廃立の由崇伝内密に伝う
○豊国社惣知行没収

購入する


お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。