八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

天理図書館善本叢書漢籍之部5 西域求法高僧伝集
品切・重版未定

天理図書館善本叢書漢籍之部5 西域求法高僧伝集 (てんりとしょかんぜんぽんしそうしょ かんせきのぶ さいいきぐほうこうそうでんしゅう)

天理図書館善本叢書漢籍之部編集委員会編 解題 日比野丈夫・築島裕

本体14,000円+税

初版発行:1980年11月14日 B5判・518頁 ISBN 4-8406-9305-6 C3395


【内容説明】七世紀当時の南海諸国の仏教事情を記述した資料として、現存唯一、世界的な史料である南海寄帰内法伝は、奈良朝末か、平安朝極初期の書写。全巻にわたって平安後期の訓点が付けられてあり、比叡山延暦寺のヲコト点を使用していて点本としても国語史学上重要視されている。現存最古最精、中国にも類を見ざる宝籍である。その他、法顕伝等、インドに求法旅行した中国・新羅の僧の紀行4点を収む。

【目次】「法顕伝」長寛二年鈔本
「法顕伝」鎌倉初期鈔本
「大唐大慈恩寺三蔵法師伝」平安初期鈔本
「南海寄帰内法伝 巻第一、第二」奈良朝時代鈔本 石山寺所伝
「大唐西域求法高僧伝」長寛二年鈔本

購入する

お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。