八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

在庫あり

啄木 我を愛する歌—発想と表現— (たくぼく われをあいするうた)

太田登著

本体4,500円+税

初版発行:2022年12月1日 A5判・上製・カバー装・392頁 ISBN 978-4-8406-9772-9 C1095



『一握の砂』の鑑賞・評釈を新たな視座で再検討!
歌集の主題を形成する「我を愛する歌《151首を評釈し、
1首ごとの発想と表現から、文学テクストとしての構造を解明

【内容説明】啄木研究50年の集大成となる新たな評釈!
序論として「短歌史を創る『一握の砂』の意義《を掲げ、巻末に索引3種(啄木短歌索引/詩歌作家別索引/人吊・事項等索引)を収録。

啄木という抒情主体の表現世界を明らかに  太田登

 短歌という作品をどのように解釈すべきか、ながくこの課題と向きあってきた結果が本書となった。こと啄木短歌の注釈や鑑賞に関しては、岩城之徳や今井泰子らの先学の恩恵によるところが大きい。とりわけ『一握の砂』は、啄木自身の伝記的事実を反映させた解釈にかたよりがちであった。そうした『一握の砂』という文学テクストのなかの「われ《と作者である啄木とを一元化する単一的な視点ではなく、うたわずにはいられない言葉と心をいかに発想し、いかに表現しえたかという多層的な視点によって、啄木という抒情主体の表現世界を明らかにすることをめざした。
 本書は、従来からの『一握の砂』の鑑賞や評釈を再検討し、『一握の砂』という歌集の主題を形成する第1章「我を愛する歌《の151首を評釈するものである。それは漂泊と挫折の人生が主人公である都市生活者の視点から物語化された『一握の砂』という文学テクストとしての構造を解明するものであり、近代短歌ひいては現代短歌における発想と表現の意味を再検証することでもある。


購入する


お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。