八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

根岸の里
品切・重版未定

根岸の里 (ねぎしのさと)

河合勇著

本体600円+税

初版発行:1964年2月11日 A6判・150頁 ISBN 4-8406-9032-4 C0092


【内容説明】根岸といえば、明治期に新しい俳句、短歌の中心をなした正岡子規、日本の洋画壇の先覚者浅井忠等が住んでいた、今日の鎌倉のような、明治文化の中心地とも言える土地柄であった。そこに50年来住んでいる著者が、今日の変貌を見て、″昔の根岸a  を懐しみ、思い出を語り、その想いを自由に、素直に謡う。忘れられゆく下町の江戸っ児、明治っ児の心意気と、粋でハイカラな明治、大正の雰囲気が息づく、著者永年の念願の書。

購入する

お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。