八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

増補 北村透谷論
在庫僅少

増補 北村透谷論 (きんだいぶんがくけんきゅうそうしょ ぞうほ きたむらとうこくろん)

小田切秀雄著

本体2,500円+税

初版発行:1970年4月20日 A5判・330頁 ISBN 4-8406-9006-5 C1395


透谷研究第一人者の全ての透谷論考を集大成

【内容説明】激しい闘いを通して日本の近代文学・近代思想の根幹を形成した透谷研究の第一人者の集大成。戦時下の先駆的な論文から、最近の長大な論争文をも含む力作を系統的に集載。半世紀前の透谷が、今日の現代文学・思想に対する根源的な批判者として登場してくる。

【目次】日本近代文学の主体
『楚囚之詩』について
透谷と日本近代文学の成立
三人の青年作家・透谷・啄木・多喜二・
透谷と政治
透谷と現代
わたしの透谷

購入する


お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。