八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

啄木短歌論考 抒情の軌跡
品切・重版未定

啄木短歌論考 抒情の軌跡 (たくぼくたんかろんこう じょじょうのきせき)

太田登著

本体3,883円+税

初版発行:1991年3月30日 A5判・280頁 ISBN 4-8406-9080-4 C1095


《第6回岩手日報文学賞「啄木賞」受賞!》啄木の歌の魅力と謎を精細に解く

【内容説明】「一握の砂」「悲しき玩具」を中心に、〈うた〉を背負い続けた啄木という抒情主体に迫る。啄木短歌の全貌をとらえ、その卓抜した魅力を追究。数々の謎を精緻に論究し、新しい啄木像を構築する力篇。引用短歌索引付。

【目次】啄木という存在
野に叫ぶ抒情
メデューサの首
歌へるは誰そ
まなざしの歌集『一握の砂』
「穏かならぬ目付」の啄木
幻想の森への回帰
末期の眼でうたう啄木
飛翔する林中の鳥
死地に挑む抒情 他

購入する

お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。