八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

梅花無尽蔵注釈5索引
在庫僅少

梅花無尽蔵注釈5索引 (ばいかむじんぞうちゅうしゃく5)

発行:続群書類従完成会

市木武雄編著

続群書類従完成会発行

本体25,000円+税

初版発行:1995年 A5判・上製・函入・546頁 ISBN 4-7971-0455-4 C3395


【内容説明】「梅花無尽蔵」は、室町末期の五山禅僧万里集九が、その晩年に自作の詩文を自ら編し、注をつけたものである。収めるところの詩数一四五一首、文章一一一編という雄編である。書名の由来は、著者万里集九が美濃鵜沼に構えた庵室を梅花無尽蔵(後年江戸城中にも同名の庵を設ける)と名づけ、また自らの別称としても用い、家集の名としたものである。本書は、「梅花無尽蔵」のすべてについて〔原文〕〔読み方〕〔注釈〕〔通釈〕〔余説〕にわけて平易に解説し、全注釈として刊行するものである。万里の詩は難解なことで知られる。彼の詩の用語・文脈・表現の奇異のみならず、深い学識を駆使して詠みこんだ故事に考究する。文学・史学・語学・民俗学等の資料としても貴重。五山文学の入門書。

購入する


お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。