八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

鷭
在庫あり

(ばん)

発行:日本近代文学館

昭和9年4月、7月・全2冊

日本近代文学館

本体5,500円+税

初版発行:2004年9月 B5変型判(原寸大)・総440頁 ISBN 4-8406-8029-9 C3000


【内容説明】プロレタリア文学運動の退潮と関係雑誌の廃刊、“文芸復興”の機運とプロ派以外の雑誌の相次ぐ創刊という状況渦巻く昭和九年に、清新な意気込みで創刊された「鷭」は、古谷綱武、檀一雄が中心になり、古谷綱正、雪山俊之が加わった同人雑誌です。資金的なゆきづまりから、わずか二号をもって廃刊となりましたが、室生犀星、佐藤春夫、田中克己、中原中也、金子光晴、竹中郁らの詩や太宰治「葉」「猿面冠者」、檀一雄「退屈な危惧」「美はしき魂の告白」、古谷綱正、古谷文子の小説のほか、武者小路実篤、新庄嘉章、本庄陸男、亀井勝一郎、尾崎一雄、浅見淵、伊藤整、保田与重郎、神西清、雪山俊之、木山捷平、坂口安吾、大岡昇平、永松定ほか、多数の作家、文学者の評論や随想を満載して、その瀟洒であかぬけたアンカット造本とともに特色を示しています。
 なお同時に鷭社から出された「鷭社便」(全三号)も今回の複刻に含めて刊行します。

【目次】別冊解説 回想:古谷綱武・古谷綱正・尾崎一雄 解説:奥野健男

【主な執筆者】
伊藤整 尾崎一雄 金子光晴 太宰治 檀一雄 中原中也 古谷綱武 古谷綱正 山岸外史 雪山俊之

購入する


お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。