八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

荒地
  • 荒地
  • 荒地
在庫あり

荒地 (あれち)

発行:日本近代文学館

昭和22年9月~昭和23年6月・全6冊

日本近代文学館

本体15,000円+税

初版発行:2004年9月 総288頁 ISBN 4-8406-8025-6 C3000


【内容説明】「荒地」(第二次)は戦前の「新領土」「VOU」「LUNA」などのモダニズム系の詩誌に属していた鮎川信夫、加島祥造、北村太郎、木原孝一、黒田三郎、中桐雅夫、三好豊一郎らが田村隆一の要請に応じて集まり、昭和二十二年九月に創刊されました。いずれも戦後の現代詩の復興にもっとも活躍した詩人たちで、現代を荒地と見、荒廃のはなはだしかった当時の社会的現実に抵抗して新たな詩的秩序を志向していきます。詩作品では創刊号に森川義信「勾配」、三好「囚人」の名高い二篇の再録があり、黒田「時代の囚人」、北村「墓地の人」「「微光」、田村「黄金幻想」、三好「手」などが次々に発表され、旺盛な創作力をみせました。西村孝次、西脇順三郎、菱山修三、吉田健一らの寄稿も注目され、外国文学でも、カフカ、ヴァレリー、「現代イギリス文学」の特集が組まれ、評論・紹介が精力的に行なわれています。発行所は岩谷書店から東京書店へ、編集も田村、黒田と移り六号まで出されましたが、散佚が甚しく、揃いで見ることがきわめて困難な稀覯雑誌となっています。

【目次】別冊解説 回想:西村孝次・中桐雅夫・鮎川信夫・三好豊一郎・田村隆一 解説:飯島耕一

【主な執筆者】
鮎川信夫 岡田芳彦 加島祥造 北園克衛 北村太郎 木下常太郎 木原孝一 草飼稔 楠田一郎 黒田三郎 斎藤正直 田村隆一 中桐雅夫 西村孝次 西脇順三郎 疋田寛吉 菱山修三 三好豊一郎 森川義信 山中散生 吉田鰹

購入する


お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。