八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

文科
在庫あり

文科 (ぶんか)

発行:日本近代文学館

昭和6年10月~昭和7年3月・全4冊

日本近代文学館

本体10,500円+税

初版発行:2004年9月 B5変型判(原寸大)・総682頁 ISBN 4-8406-8021-3 C3000


【内容説明】「文科」は昭和六年十月、牧野信一が主宰して創刊号を出し、十一月に第二号、十二月に第三号を発行し、二ヶ月休んで昭和七年三月に第四号を発行して廃刊されました。
 同人として集まったのは、井伏鱒二、坪田譲治、織田正信、嘉村礒多、小林秀雄、河上徹太郎、坂口安吾、中島健蔵、佐藤正彰、三好達治、田畑修一郎、中山省三郎、稲垣足穂、衣巻省三その他、二十人以上でありました。
 牧野信一は、名作「心象風景」を連載し、また小林秀雄との共訳で、ポオの「ユレカ」を発表しています。
 牧野信一に寄稿を勧められた坂口安吾が、四回にわたって「竹薮の家」を連載しているのも注目されます。
 この他、稲垣足穂の「青い箱と紅い骸骨」、坪田譲治の「葡萄の若葉」、堀辰雄の「あひびき」、上林暁の「青空」、田畑修一郎の「鳥羽家の子供」など、多くの佳作が掲載されています。
 表紙の装幀は青山二郎がうけもっています。

【目次】別冊解説 回想:稲垣足穂・衣巻省三・奥野健男 解説:保昌正夫 執筆者索引

【主な執筆者】
 井伏鱒二 稲垣足穂 嘉村礒多 河上徹太郎 衣巻省三 小林秀雄 坂口安吾 田畑修一郎 滝井孝作 坪田譲治 牧野信一 三好達治

購入する


お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。