八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

続々群書類従 第十七 雑部2
品切・重版未定

続々群書類従 第十七 雑部2 (ぞくぞくぐんしょるいじゅう17)

発行:続群書類従完成会

続群書類従完成会発行

本体4,000円+税

A5判・上製・函入・480頁 ISBN 4-7971-0146-6 C3321


日本古典文化の集大成!

【内容説明】本叢書は、明治四〇年前後に国書刊行会から刊行され、当時学界から大いに歓迎されたもので、塙検校の群書類従・続群書類従にならって、神祇・史伝・記録・法制・地理・教育・宗教・詩文・歌文・雑の十部にわけて、正続群書類従に漏れた古典・古記録や江戸期に述作編纂された古典研究資料等を収めたものである。その収録文献数は約三五〇点にのぼり、諸学にわたり重要必見を要するもので本叢書以外には活字化されていないものを多数含んでおり、また他の叢書に収められていても本叢書によるのを便宜とするものが少なくない。今回、古書保存会版を雑部としてあらたに一冊加えて、全十七冊とした。

【目次】【編年残篇】応徳元年皇代記の残篇
【平城宮大内裏跡坪割之図】平城宮大内裏跡の条坊と坪割を図入りで解説した書
【聖徳太子伝私記】聖徳太子の伝記と法隆寺の年中行事・塔頭・由緒等を記した書
【独物語】琉球の統治に関する政策を記した書
【延久四年・五年日次記】延久四・五年の院中の日次記
【有職問答】大内義隆の有職に関する諸問につき三条西実隆が答えた書
【公武大体略記】禁裏・仙洞・后宮・親王・執柄家・武家名家・諸道等につき種々の故実由来を記した書
【日本国丞相藤原公捨経之記】宋の了恵が一条実経書写の法華経について述べた書
【大津篭城合戦記】関ケ原役における近江大津城の京極高次の合戦記
【綸旨抄】嘉禄三年十月十八日の綸旨・諸社行幸行事の事・禁色の事・公事延引并停止の事等の宣旨を下外記・下弁官にわけて集録した書
【老師物語聞書】永正―永禄の越後国内の合戦に関する古老の聞書
【近藤氏書上】近藤氏の徳川家康に帰服してより関ケ原の合戦における功労までの由緒を記した書
【毛利家様子】元就が毛利家当主となってより天正十年までの事蹟を記した書
【前九鬼長門守守隆公働抜書】戦国時代水軍の将として活躍した九鬼守隆の武勲記
【装束色彙】装束の染色の事につき記した書

購入する

お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。