八木書店 出版物・古書目録

  • twitter
  • Facebook

出版物

続々群書類従 第二 史伝部1
品切・重版未定

続々群書類従 第二 史伝部1 (ぞくぞくぐんしょるいじゅう2)

発行:続群書類従完成会

続群書類従完成会発行

本体4,000円+税

A5判・上製・函入・780頁 ISBN 4-7971-0131-8 C3321


日本古典文化の集大成!

【内容説明】本叢書は、明治四〇年前後に国書刊行会から刊行され、当時学界から大いに歓迎されたもので、塙検校の群書類従・続群書類従にならって、神祇・史伝・記録・法制・地理・教育・宗教・詩文・歌文・雑の十部にわけて、正続群書類従に漏れた古典・古記録や江戸期に述作編纂された古典研究資料等を収めたものである。その収録文献数は約三五〇点にのぼり、諸学にわたり重要必見を要するもので本叢書以外には活字化されていないものを多数含んでおり、また他の叢書に収められていても本叢書によるのを便宜とするものが少なくない。今回、古書保存会版を雑部としてあらたに一冊加えて、全十七冊とした。

【目次】【続皇年代略記】皇年代略記の続篇として後水尾―光格天皇に至る十一代の事蹟を略記した書
【本朝歴代法皇外紀】聖武天皇以降の歴代入道した天皇の仏法関係の事蹟を述べた書
【法皇外紀緇門鴻宝】百済聖明王の仏像貢納の表及び諸天皇の仏法に係る遺文を書史塔碑より採〓(手偏+庶)した書
【議奏歴】延宝六―弘化三年に議奏となった人の任免年月等を記した書
【伝奏次第】慶長八―寛政五年に武家伝奏となった人の任免没の年月及び在職年数等を記した書
【弁官補任】土御門天皇建久九年より光格天皇享和三年に至る間の左右弁官の補任書
【新撰座主伝】八十八代道玄僧正―二百二十三代尊宝親王の歴代天台座主の略伝を諸家及び青蓮院の記録により記した書
【天台要暦】尊宝親王より明治三年座主廃止に至る間の事を記した書
【東寺長者補任】弘仁十四―寛永十一年の寺務継承の次第等を記した書
【興福寺別当次第】天平勝宝―元亀元年の別当補任の次第及び時々の世事につき記した書

購入する

お客様情報

ご注文について

Googleブック検索で八木書店の出版物が全文検索できます。